自律神経の乱れによるうつ病の治し方

自律神経とうつの関係

 

抗うつ薬は本当に効くのか

 

抗うつ薬はその名の通り、本来はうつ病の薬です。しかし、自律神経失調症のに対して処方されるケースもあります。症状が重く、抗不安薬(精神安定剤)では抑うつ感の改善が認められない場合などです。

 

*抗不安薬(精神安定剤)で改善しない場合に使用される

 

抗うつ薬が作用を及ぼすのは、シナプスという脳神経細胞をつなぐ物質です。これにより、アドレナリンやセロトニンといった神経伝達物質の濃度を安定させることができます。神経伝達物質の安定は、うつ状態や不安感を緩和させ、心のゆとりにつながります。また、頭痛、しびれ、不眠といった、抑うつ状態以外の症状に対しても改善が期待できます。

 

ただし、抗うつ薬には効果が出るまでの時間がかかるという特徴があります。そのため、服用は長期間を必要とします。また、用法にも注意が必要です。自己判断での量の増減や、急な服用中止は危険です。症状の悪化を招く可能性もあります。用法・用量は必ず医師の指導に従ってください。

 

抗うつ薬はこんな症状の方に処方されます

 

□ 不安
□ 抑うつ感
□ 情緒不安
□ 頭痛
□ 手足のしびれ
□ 不眠
□ 抗不安薬での精神症状の改善が見られない

 

抗うつ薬によって起こりうる副作用

 

□ 眠気
□ ふらつき
□ 月経不順
□ 便秘
□ 口の乾き
□ かすみ目
□ 手の震え
□ 頻脈

 

*抗うつ薬の代表例

 

抗うつ薬を大まかに分類すると、化学構造によって以下のように分けることができます。症状や副作用に対応して、適した種類のものが選ばれます。

 

・三環系抗うつ薬

 

トフラニール(一般名 イミプラミン)
アモキサン(一般名 アモキサピン)
トリプタノール(一般名 アミトリプチリン)
アナフラニール(一般名 クロミプラミン)他

 

抗うつ薬として代表的なものです。ただし、口の渇きや立ちくらみといった副作用が、薬の効果より先に出るとされています。副作用が見られたとしても、そこで安易に服用を中止しないようにしましょう。自己判断せず、必ず医師に相談してください。

 

・四環系抗うつ薬

 

テシプール(一般名 セチプチリン)
ルジオミール(一般名 マプロチリン)
テトラミド(一般名 ミアンセリン)など

 

軽度の抑うつ感に対しての効果が期待できます。即効性がある、副作用が少なめ、といった特徴があります。

 

・その他の抗うつ薬

 

パキシル(一般名 パロキセチン)
レスリン(一般名 トラゾドン)
デプロメール(一般名 フルボキサミン)など

 

上記の他、最近では、副作用が少ないとされるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)系といった抗うつ薬が注目を浴びています。

 

また、抗うつ薬はそれ以外にも多くの種類があります。処方された薬が合わないといったケースも見られますが、その際は自分から積極的に医師に相談すると良いでしょう。

更新履歴